国民健康保険証の回収処理委託に関する個人情報の流出について

このページの情報をXでポストできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1052482  更新日 2024年4月3日

印刷大きな文字で印刷

令和6年3月21日(木曜日)に、「国民健康保険証の回収処理委託」において、委託事業者が原因と考えられる個人情報の流出事故が発生し、同年4月1日にその事実が発覚しました。

区民の個人情報については、委託事業者も含め、職員に厳重に取り扱うよう指導してまいりましたが、このような事故が起きたことは対策が不十分であったと言わざるを得ず、誠に申し訳ございません。個人情報漏えいのリスクを限りなく排除するよう管理を厳格に行い、再発防止の徹底に努めます。

1.事案の概要

発生日時

令和6年3月21日(木曜日)

対象者

1名(以下、「対象者」といいます。)

流出した可能性のある個人情報

氏名、住所、生年月日、性別、世帯主氏名、被保険者記号・番号、保険者番号、交付者名、適用開始年月日、交付年月日、有効期限

2.経過

令和6年1月16日(火曜日)

板橋区戸籍住民課窓口に、不用となった国民健康保険証を対象者が持参されたため回収し、翌日、戸籍住民課から板橋区国保年金課に引き渡しました。

令和6年3月21日(木曜日)

下記期間に、板橋区国保年金課及び区内6区民事務所において回収した国民健康保険証及び発行の際に使用する国民健康保険証の台紙を、回収処理業者へ引き渡しました。

※1月16日~3月20日回収分、約12,400件(国民健康保険証及び証発行時に出る個人情報を記載した台紙)。

令和6年3月22日(金曜日)

回収処理済であるはずの国民健康保険証が拾得物として届いている旨、拾得地の警察署から対象者あて連絡がありました。

令和6年4月1日(月曜日)

対象者から、国民健康保険証が拾得されていたことについて区役所窓口に相談があり、流出事故が発覚しました。

3.初期対応

(1) 対象者にお詫びするとともに、国民健康保険証の利用記録を確認し、回収処理された保険証が利用されていないことをお伝えしました。

(2) 消費者金融等で身分証明書として悪用されるケースも想定されるため、個人信用情報機関の申告制度の利用等、悪用を防ぐ方法をご案内しました。

(3) 令和6年4月2日(火曜日)、委託事業者の事業所への立入検査を実施しました。事業者への聞き取りや、仕様書の履行状況等について確認した結果、個人情報の取扱に関し、仕様書記載内容どおりに履行されていないことを確認しました。

4.発生原因

区が保険証を回収した後は、ファスナー付き袋に入れて輸送し、密封した段ボールに入れ鍵付きロッカーで保管しています。併せて、区から処理業者への引き渡しの際は、施錠可能なトラックに積み込んだことを国保年金課職員が立ち会い確認しています。

以上のことに加え、今回、保険証の拾得地が事業者の事業所に極めて近い場所であったことなどから、「回収処理業者の輸送中または処理中の流出」の可能性が極めて高いと推察されます。

さらに、仕様書で定める、「細断等の処理を施し、記載情報を判別不可能にした後に再資源化する」ことが履行されておらず、回収時の状態で運搬等が行われていたことが原因と考えられます。

5.今後の対応

現時点での報告は本件のみですが、二次被害への対応のため、国保年金課において、心配な区民の方に対し保険証の利用状況の確認や、悪用に関する個人信用情報機関の案内を行うなど、区民の方からの相談を受け付けます。

相談窓口

板橋区役所国保年金課国保資格係(板橋区役所南館23番窓口)

電話番号 03-3579-2406

※お問い合わせの際に、本人資格情報(被保険者記号・番号、氏名、生年月日、住所等)をお伺いすることがありますので、国民健康保険証、本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証等)をご用意ください。

6.再発防止策

回収した保険証は、国保年金課において即時にシュレッダーにかけるなど、利用不可となる処理を行ったうえで廃棄処分します。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

健康生きがい部 国保年金課 国保資格係
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2406 ファクス:03-3579-2425
健康生きがい部 国保年金課へのお問い合わせや相談は専用フォームをご利用ください。